• 診療時間、休診日
  • 診察をお急ぎの飼い主様はこちら
  • 病気かな?と思ったらかんたん問診Check
  • 写真コーナー
  • アリサ動物病院のブログ
  • 犬と猫の栄養成分辞典

取扱い機器

  • 手術用拡大鏡

    手術用拡大鏡

    細い血管や神経などきめ細かい手術や処置をする際に使用します。
    最近ではハムスターやフェレットなどの小動物の手術にも用います。

  • ICU

    ICU

    手術後や重症患者、新生仔など酸素濃度や体温を細かく管理する際に入室いだきます。一般の入院室とは別の部屋に設置してあり、スタッフが常に観察できるように透明の扉にしております。

  • 輸液ポンプ

    輸液ポンプ

    例えば体重500gの子犬と40kgの大型犬では、1時間あたりに点滴する量が異なりますので、正確な点滴量を維持するため手術室、入院室など複数台設置しています。

  • 超音波検査

    超音波検査

    様々な部分の形状、状態を確認するのに役立つ機械です。お腹、胸、眼の内部や、また関節や頭部などの状況を把握できます。大きな機械ですが体を傷つけることなく検査ができ、またレントゲンでは静止画でしか見れないのに対し、エコー(超音波検査)では動画で確認できるので、使用頻度は非常に高いです。

ペットホテルのご案内

獣医師が健康管理致しますので、安心してお預けください。

ご利用の際は、事前のご予約をお願い致します。 お預かり中に診察やトリミングをご希望される場合、予めお申し付けください。宿泊中のトリミングには割引がございます。また、本人の性格や癖など、注意点があれば予めお伝えください。
朝、晩お散歩に行きますので(犬)、首輪やハーネスはしっかりと抜けないものの装着お願いします。お預かり中に、治療が必要な症状が認められた場合は、こちらの判断で治療を行う場合もございます。その際の診療費等は飼い主さまのご負担となりますことを予めご了承下さい。

ご利用にあたって

・1年以内の狂犬病ワクチン・混合ワクチンの接種をお願い致します。
・1ヶ月以内のノミ・ダニの予防を行っていることが必要と なりますので、そうでない場合、
 当院にて予防薬を投与させて頂きます。
・犬、猫のフードの持ち込みは不要です。獣医師の判断のもと、適切なフードをご用意致します。
・貴重品は外してご来院下さい。
・飲ませているお薬がある場合はご持参下さい。

下記一泊(24時間以内)あたりの料金となります。
注)入院費用とは異なります。
※がついている動物はゲージをご持参ください。

犬(〜10kg未満) ¥3,000/日
犬(10〜20kg未満) ¥4,000/日
犬(20〜30kg未満) ¥4,500/日
犬(31〜40kg未満) ¥5,000/日
犬(40kg以上) ¥5,500/日
¥3,000/日
フェレット ¥2,500/日※
ウサギ ¥2,500/日※
モルモット ¥2,000/日※
リス、ハムスター、モモンガなど ¥1,500/日※
爬虫類、両生類 ¥1,500/日
鳥類 ¥1,000/日※
小型サル ¥3,500/日※

スタッフ紹介はこちら